アダラートカプセルを処方されたら

ご自分が飲んでいるお薬についてどこまでご存知ですか?当サイトはアダラートカプセルを処方された患者様のためのアダラート情報サイトです。特に妊娠中・授乳中のお母さんはぜひご覧ください。

アダラートはカプセル状の降圧剤

アダラートは降圧剤として用いられている医薬品であり、L錠やCR錠と呼ばれるタイプもありますが、最初はカプセル状として販売されています。
高血圧になると血管がボロボロになり脳卒中や心筋梗塞などの怖い合併症を起こす事が知られていますが、高血圧を治療する事でそれらの合併症の予防にもなります。
血圧を下げる薬はいくつか種類がありますが、アダラートはカルシウム拮抗薬と呼ばれるタイプとなります。
それではどのようにして血圧を下げる効果があるのかを説明します。
血圧は血管が収縮したり拡張される事によって変化しますが、収縮したり拡張される際にはカルシウムイオンが大きく関わっています。
血管の細胞内にカルシウムイオンが入り込むと血管が収縮して血圧が上がり、カルシウムイオンが細胞内に入らなければ拡張されて血圧が下がるのです。
そしてカルシウムイオンが出入りするのがカルシウムイオンチャネルと呼ばれている部分であり、アダラートの主成分であるニフェジピンという成分がカルシウムイオンチャネルと結合する事でカルシウムが血管の細胞に入らないように妨げるのです。
そうするとカルシウムイオンが細胞内に入れなくなるので血管が拡張して血圧を下げる効果があります。
アダラートは即効性があるのですが、その代わりにカプセル状で服用するとすぐに効果が切れてしまうという欠点があります。
また、成分の血中濃度の急激な変化は副作用を起こす原因ともなります。
そのために現在ではそれらの問題点を解消したL錠やCR錠も存在しています。
アダラートを購入するには通常は病院で医師に処方して貰う必要がありますが、最近では病院へ行かなくてもネット通販で個人輸入をする事でも手に入るようになっています。